リノベーション・リフォームに役立つ情報を発信|リノベーションのヒント

積水化学工業株式会社

愛犬も心地いい。自然素材とこだわりのデザインを形にしたリノベーション

  • ご夫婦、お子様(1人)、犬(1匹)
  • 東京都江東区
  • 20年
  • ご予算1,270万円

これまで海外勤務が多かったというご主人。日本に戻られてからは社宅のマンションに暮らしていましたが、その契約期間が終わることになり、マンションの購入を考え始めました。住み慣れた街で新居を探してはみたものの、なかなか希望に合うお部屋は見つからず、調べていくうちにリノベーションという選択肢を知ったそうです。それまでは「家の掃除もあまりやらなかった」というご主人ですが、リノベーションについて勉強し始めたところ、インテリアや建材など家づくりに興味が生まれ、最終的には築20年のマンションをご購入。それを思い通りの住まいにできるスケルトンリノベーションを決心されました。自然素材の建材やデザイン性を追求し、お部屋の中のさまざまなインテリアパーツにもこだわりを発揮。リノベーションが完成した現在も、棚を塗り直したり、テレビ台を自作したりと、住まいに手を入れながら暮らしを楽しまれています。

リノベーション概要

場所 東京都江東区 家族構成 ご夫婦、お子様(1人)、犬(1匹)
築年数 20年 間取り 2LDK+WTC
床面積 78㎡ 予算 1,270万円

※予算には家具やインテリアの費用は含まれていません。

ビフォーアフター

Badge before
List a before
一般的な3LDKの間取り。LDKが少し手狭でした
Icn before after arrow
Badge after
List a after
和室をなくし、ゆとりのあるLDKと玄関土間を実現
Badge before
List dsc04316
和室の壁に阻まれて細長いリビングダイニング
Icn before after arrow
Badge after
List  hp 5516
大きなソファとダイニングを並べても余裕の広さに
Badge before
List dsc04249
壁とドアに挟まれた玄関と廊下
Icn before after arrow
Badge after
List  hp 5594
天井が高く開放的な土間のあるホールに
Badge before
List dsc04299
カウンターの壁に囲まれて閉鎖的なキッチン
Icn before after arrow
Badge after
List  hp 5498
LDKを見渡せる、明るくオープンなキッチンに

※画像をクリックすると拡大されます

リノベーションのポイント

お客様からのご要望

1.床に杉、壁には漆喰を使いたい
2.土間がある広い玄関がほしい
3.ウォークインクローゼットの設置
4.短い生活動線と明るいキッチン
5.洗濯物が干せる洗面所

犬にもゲストにも嬉しい自然素材のリビング

ご主人様がリノベーションをする際に初めから決めていたという杉の無垢床と漆喰の白い壁の明るいリビング。以前の住まいではワンちゃんが床で寝ることはありませんでしたが、今ではお天気のいい日にはお部屋から出てきて、日当たりの良い床で気持ちよさそうに寝ているそう。さらに、リビング以外の廊下や玄関にも漆喰の壁を採用。その効果もあってか、以前の住まいではお部屋に入った瞬間に感じた犬のニオイもまったく気にならなくなりました。

List living3

DIYスペースとしても使える土間のある玄関

ご家族の自転車も置ける余裕の広さをもつ玄関ホール。斜めにカットされた玄関框に、天井を抜いて配管を剥き出しにしたインダストリアル風の演出をプラス。レトロ感のあるドアやメタルのスイッチプレートなどディテールにもこだわりを感じさせます。広い土間スペースは、今ではすっかりDIYに目覚めたご主人様の作業スペースとしても活躍しています。

List genkan2

心地よい風が抜けるウォークスルークローゼット

ご希望されていたウォークインクローゼットを、寝室とリビングの両側からアクセスでき、奥行きのある収納コーナーがあるウォークスルークローゼットに。以前の間取りでは出入り口や収納扉がたくさんあったそうですが、いまでは寝室から収納への扉はなくなり、開放感で広さを感じられるようになったそうです。リビングとの間のドアを開けると気持ちいい風が通るので、寝室も空気がこもらず快適に眠れます。

List wtc2

奥まで光が届く明るい対面キッチン

以前はリビングの一番端にあって、テレビにも背を向けていたため、対面キッチンに憧れていたという奥様。窓から光が届いてリビングダイニングを見渡せる、明るい対面キッチンに変わりました。スペースが広くなり、キッチンの背面にはちょっとした作業も行えるデスクも確保。家じゅうどこでも真っ暗になる部屋をつくらないという思いから、キッチンと洗面室を分けるドアはガラス面材のデザインを採用。一番下のガラスはワンちゃんが近づいたときに目が届くように透明ガラスになっています。

List kitchen2

キッチンと一直線でつながる洗面室

奥様の希望だった生活動線を短くするために、キッチンと洗面所を一直線につなぎ、リビングダイニングからも両側からアクセスできる回遊型の動線を実現。さらに洗面所で洗い上がった洗濯物を、そのまま洗面所に干せる物干しスペースも確保しました。以前は洗面所が遠く、あちこち動いては扉を開けたり閉めたりを繰り返していたそうですが、今は家事動線が短くなりラクになったと奥様もお喜びです。

List senmen2

※画像をクリックすると拡大されます

お客様の声

リノベーションのきっかけを教えてください

当時住んでいた社宅の契約期限がきて、それなら買った方がいいかなと思ったんです。そこからマンション購入を考え始めました。住み慣れた場所がよかったので近所で探していたんですけど、なかなかしっくり来る物件が見つからなくて。そこで本とかでいろいろと調べていくうちに、「あ、リノベーションっていうのがあるんだ」って知ったんです。スケルトンリノベーションにすれば、間取りも一から考え直せて、あれもこれもこだわりを実現できる、と思いリノベーションを決心しました。

リノベーションでこだわられた点を教えてください

杉や漆喰など自然素材を使うこと、あとは玄関の土間を広くとることですね。土間に憧れていて、最初は今よりももっと広く取るつもりだったんですけど、プランナーさんに玄関が広い分、中に入ったときに部屋が狭く感じてしまうと教えてもらって、「確かに」って納得しました。実際に住んでみると、棚を作ったりできる広さもあるし、リビングも広く取れたので良かったです。あとはウォークインクローゼットを希望していたのですが、ご提案いただいたウォークスルークローゼットの方が風の通り抜けも良くて部屋が広く感じます。こうした自分では思いつかなかった提案をいただけたのがマルリノさんだけだったので、そこは本当に感謝しています。

リノベーションで暮らしはどう変わられましたか

住んでみて一番の違いは断熱による体感の差ですね。以前の住まいは賃貸で、わりと綺麗なマンションだったんですが、やっぱり寒いんですよ。断熱や二重窓は、優先度は低かったですが、住みだして納得という感じです。エアコンもこの冬2回くらいしか使っていません。あと、今までは仕事ばかりしていたんですが、今は労働時間の見直しなどで以前より時間の余裕ができたので、リノベーションをきっかけに家のことを考えるようになりました。これまでは土日にジム通うくらいで、家で何か作るなんて無かったんですけど、DIYを始めるようになりましたね。妻に「あれ作って」って言われたら「じゃあ作ろうか」って。(ご主人)
今回のリノベーションで、今まで知らなかった主人の一面を知りました。趣味らしいものがなくて、何か見つければ?ってずっと言ってたんですが、今は家の中で「こうしたい」と言うと、「ああ」って。そうやって家の中にいくつも主人の作品が増えていくのはすごく嬉しいです。(奥様)

Banner inquiry

Good renovation story long