リノベーション・リフォームに役立つ情報を発信|リノベーションのヒント

積水化学工業株式会社

収納家具いらずですっきり暮らせる、たっぷり収納リノベーション

  • 3人家族
  • 東京都江戸川区
  • 25年
  • ご予算1,240万円

築25年のマンションは設備も老朽化していたうえ、壁や床などの建材も古びていたそうです。新築マンションの購入も考えられたそうですが、お子様たちが近い将来、独り立ちされることも考え、現在から将来のライフスタイルに合ったリノベーションを決意されました。お子様の成長でモノが増え、無駄な動きも多かったそうですが、リビング、キッチン、洗面所、廊下、寝室などそれぞれ必要な場所にたっぷりの収納を設けることで、すっきりと機能的に暮らせる住まいに生まれ変わりました。

リノベーション概要

場所 東京都江戸川区 家族構成 3人家族
築年数 25年 間取り 3LDK→2LDK
床面積 70㎡ 予算 1,240万円

※予算には家具やインテリアの費用は含まれていません。

ビフォーアフター

Badge before
List shindo zumen1213
3LDKの標準的な間取り
Icn before after arrow
Badge after
List shindo zumen1213 after
LDKをオープンにして、豊富な収納スペースを確保
Badge before
List img 2395
リビング横に和室がありました
Icn before after arrow
Badge after
List  hp 6866
和室をなくして、オープンなリビングに
Badge before
List 6
収納も少なく手狭なキッチン
Icn before after arrow
Badge after
List  hp 6847
パントリーと直結したワイドなキッチンに一新

※画像をクリックすると拡大されます

リノベーションのポイント

お客様からのご要望

1.趣味のパン作りの道具や材料をキッチンに収納したい
2.受験を迎える子どもたちの個室がほしい
3.築25年で老朽化した水回りを一新したい
4.使う場所ごとに、そこで使うものをしまえる収納がほしい
5.ライフスタイルが変わっても対応できる納戸がほしい

開放的なリビング・ダイニング

以前は和室と洋室に分かれていた間取りでしたが、仕切りをなくしオープンで明るいリビング・ダイニングに一新。LDKをまるごとひと部屋のようにして使えるよう、置敷きタイプの畳コーナーを設置しました。必要な時だけ畳の上の横になってくつろぐこともできます。

List  hp 6816

大容量のカウンター収納

キッチンからダイニングにかけて、大容量のカウンター収納を造作で設置。取り出しやすく、こまごましたものを隠して置けるので、リビングはいつもすっきり。上段は飾り棚としても利用できます。

List  hp 6875 2

キッチン横に設けたパントリー

パンづくりがご趣味の奥様。発酵機やパン焼き機、箱単位で購入する材料などが、以前はキッチンまわりに収納しきれず、お困りだったそうです。そこで、使い勝手のいいキッチン横に、大容量のパントリーを配置しました。

List  hp 6858

洗面横に設けた納戸スペース

洗面台の横には、奥行きのある納戸を配置しました。家族それぞれの髪質に合わせたシャンプー・リンスのストックなど、お子様が成長するにつれ、増えてきたモノをたっぷりしまえるスペースです。

List  hp 6905

快適な空気を逃がさない玄関の引戸

玄関と廊下の間に引戸を設け、快適な室内の空気が外部に漏れるのを防ぐように工夫。また、訪問客が玄関にいても、室内への視線をシャットアウトする効果もあります。

List  hp 6915

広い玄関ホールと玄関収納

ゆったりとした玄関ホールにも大型の玄関収納を設置。靴や雨具はもちろん、コート類も掛けておけるので、お出かけの際にさっとコートを羽織って、すぐに出かけることもできます。

List  hp 6909

※画像をクリックすると拡大されます

お客様の声

リノベーションのきっかけを教えてください

築25年の古いマンションですから、設備が老朽化していましたし、壁などもかなり汚れていました。ずっとどうにかしたいと思っていたのですが、ガスコンロが壊れてしまって、「これはもう直さないと生活できない」と思いたって。新築を購入しようかとも思ったのですが、条件が合わないことがあり、全部やり直せるリノベーションを考えました。インターネットで調べて数社に提案をしてもらったのですが、マルリノさんのプランが一番印象深かったですね。杉の無垢床や納戸の提案など、ちょっと他とは視点が違っていました。

リノベーションでこだわられた点を教えてください

収納にはこだわりました。私はパン作りをするのですが、その機械類がかなり大きいうえ、材料も箱単位で買いますからけっこうスペースが必要になります。以前は、キッチンに収まりきらずに別の場所に置いたりして不便を感じていましたので。また、子どものひな人形や市松人形などがきちんと収納できる場所や、子どもが成長するにつれて持ち物も増えていたので、使う場所それぞれで収めることができる収納スペースをお願いしました。よく考えてみると、新築マンションだからといって、決して十分な収納があるわけではなく、家具を買い足すと結局狭くなります。それであれば、今の家族のライフスタイルに合った収納がつくれるリノベーションでよかったと感じています。

リノベーションで暮らしはどう変わられましたか

収納スペースがいろんな所にできたので、家具を追加で買う必要もなく、見た目もデコボコしないので気に入っています。とても快適に暮らせています。また、断熱効果が高まったからか、冬はとても暖かく感じます。以前使っていた厚手のカーテンも今のところ出番なしで。もう少しレースカーテンだけで頑張ってみようと思っています。9月の入居だったので、夏はそれほど長く経験していませんが、元々風通しがいいこともあって、エアコンを使うことはほとんどありませんでした。また、ゴチャゴチャしていた前の家と比べてはるかに居心地がよくなったので、家で過ごすことが苦痛じゃなくなりましたね。ずっと家にいて、自分の好きなことをやっていられます。

Good renovation story