リノベーションのヒントリフォームとリノベーションの違い

リフォームとリノベーションの違い



今の住まいを変えたいと思った時、選択肢となるのが「リフォーム」と「リノベーション」。それぞれの違いを知っておくと、どちらを選ぶか判断する目安の一つになります。



どうせやるなら、家じゅう“まるっと”!



便利な立地が気に入って購入したものの、間取りに不満のあったご夫婦。当初は部分リフォームを検討されていましたが、「後からあれもこれもと追加することになって、総額が高くなった」という失敗談を見聞きした奥様。とは言え、近隣の新築マンションへの住み替えは、地価が上がっているためコスト面がネックでした。そこで思い付いたのが、自分たちの好きなように変えられて、購入するよりコストが抑えられる「リノベーション」。「どうせやるなら、 “まるっと”やりたい」と、住まいを一新するスケルトンリノベーションを決意されました。



リノベーションによって、ご夫婦の要望だった「リビングと和室をつなげる」「水まわりを広く使いやすくする」が実現。さらに、断熱性を高めたことで、寒くて使いにくかった北側の部屋も暖かく使い勝手が良くなりました。かつての主寝室は大きなウォークスルークローゼットに変えて、住まいの動線もより便利に快適になりました。



まず暮らしがあり、そのスタイルに合わせて最適な間取りや性能、動線をイチから作りあげ、家じゅうに無駄のない“生きた”住まいに-。大きな変更から小さな配慮まで、自由に、柔軟に対応できるのがリノベーションならではの魅力です。





工事の規模やコストなどに違いが



●リフォーム



老朽化したり、汚れたりしている部分の修繕や交換などを行い、新築と同等の状態に戻すこと。キッチンやユニットバスの入れ替え、壁紙の張り替えといった小規模な工事が該当します。必要な箇所だけが対象なので、工事期間が短くコストを抑えることができます。ただし、部分的なリフォームの繰り返しによって、結果的にトータルコストが高くなることも。今の雰囲気を残したまま、早急に機能を回復したい場合に適していると言えます。



●リノベーション



動線やデザイン、性能などを向上させ、住まいに新たな価値を与えること。間取りの変更や断熱性能の向上といった大規模な工事を指します。ほぼ自由設計なので、自分の好みやライフスタイルに合った住まいを実現しやすくなります。思っているイメージを実現するためには、入念なプランニングが必要。工事中は仮住まいが必要なので、引越しなどの手間が発生します。



●定額制リノベーション



水まわりの設備、使う素材、工事内容などをパッケージ化して料金を固定化。価格のわかりやすさやプランニングの労力が軽減できるのが魅力です。業者があらかじめ選定するため、自由度が制限されてしまうこともあります。





リフォームとリノベーションには、それぞれメリットとデメリットがあります。目先のコストや見た目だけでなく、今後の長期的な生活設計も考えて、確かな選択をしましょう。



◆この他にも、リノベーションに成功されたお客様の実例を事例集で紹介しています。



▼マルリノの事例集の請求はこちらから

お問い合わせ

リノベーションに関する
お悩み・ご相談・資料請求はこちらから

フリーダイヤルでのお問い合わせは
0120-999-130

(※受付時間 9:00~17:30 定休日:水・日・祝日)

マルリノの実際の施工事例をもっと見たい方は