リノベーションのヒント戸建てからマンションに住み替えリノベ

戸建てからマンションに住み替えリノベ



ライフスタイルや家族構成の変化に応じて、住まいもチェンジ。その選択肢の一つとして注目されているのが、戸建て住宅からマンションへの住み替えです。



「狭さ」を解消し、コンパクトで便利に



お子様が独立され、戸建てからご両親が所有されていた築36年のマンションに移り住まれたご夫婦。今まで一度もリフォームされず、設備類も古くなっていたため、フルスケルトンでのリノベーションを計画されました。



マンションへの住み替えで、一番の懸念は「広さ」。夫婦2人なので部屋数も必要ないため、「狭さを感じないように」を第一に考え、「広めのLDKと寝室だけ」というご要望でした。



以前は細かく部屋が分かれていた4LDKの間取りを、寝室に書斎を加えた2LDKに変更。広々としたLDKはキッチンからもリビングからも視界が開け、明るく開放的な空間に生まれ変わりました。書斎はお母様が泊まられる際のゲスト用寝室などに活用。マンション特有の手狭な浴室や玄関も、ゆとりあるスペースに一新しました。



また、戸建からの引っ越しで荷物の絶対量が多いため、収納スペースもたっぷりと。広さを確保しつつ、デッドスペースを上手に活かすなど随所に工夫を凝らしました。



実際に住んでみると、狭さが気になることは皆無。「コンパクトさが生活しやすく、どこに行くにも距離が近くて便利」と、都市のマンションライフを気に入っておられるそうです。





戸建てからマンションへの住み替えメリット



立地・環境が良い



マンションの多くは、駅前や繁華街といった利便性の高いエリアに立地しています。特にシニア世代にとって、アクセスの良さは魅力的なポイント。同じ立地条件の場合、戸建てよりも比較的、価格が安いという利点もあります。



●コンパクトに暮らせる



生活に必要なスペースがコンパクトにまとまっているため、室内の移動距離が短縮されます。一般的に階段を昇り降りする必要がないので、高齢期の転倒リスクも低いと言えます。



●セキュリティが高い



オートロックや防犯カメラが設置されていたり、管理人が常駐している物件も。高層階なら物理的にも外部からの侵入は困難のため、防犯性が高く安心感があります。



●管理の手間やコストを軽減



外壁の修繕や屋根の葺き替え、庭の手入れなどをする必要がなく、管理面での負担が軽減されます。





夫婦二人の暮らしになって住まいがサイズダウンしても、リノベーションによってゆとりのある空間を作ることができます。暮らしをスリム化しつつ、豊かなマンションライフを実現してみませんか。



◆この他にも、リノベーションに成功されたお客様の実例を事例集で紹介しています。



▼マルリノの事例集の請求はこちらから

お問い合わせ

リノベーションに関する
お悩み・ご相談・資料請求はこちらから

フリーダイヤルでのお問い合わせは
0120-999-130

(※受付時間 9:00~17:30 定休日:水・日・祝日)

マルリノの実際の施工事例をもっと見たい方は