リノベーションのヒント【補助金】住宅省エネリノベーション促進事業

二次募集はじまる!



断熱性能やバリアフリー性能の向上といった「付加価値」のあるリノベーションでは、「ストックの価値向上」つながるため、行政からのさまざまな補助を受けることができます。そのような中で、2016年3月17日(東京)において「平成27年度補正予算 住宅省エネリノベーション推進事業」の説明会が開催されました。今後は、東京を皮切りに全国で説明会が開催される予定です。



付加価値の高いリノベーションでは、このような情報を賢く活用して、これからの住まいと生活を快適で充実させるためにも、是非ご活用を!



二次募集:2016年6月10日(金)~2016年8月31日 17:00必着分まで 一次公募:2016年6月9日で受付は終了しました。



1.平成27年度補正予算 住宅省エネリノベーション促進事業について(出典:SII 公募要領より)



(1)事業趣旨 本事業は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを推進するために、既築住宅の所有者等による高性能な断熱材や窓等を用いた断熱改修を支援すると共に、戸建て住宅においては、この断熱改修と同時に行う高性能な家庭用設備(高効率給湯機等)の導入・改修支援も行うものである。



(2)事業規模 一次公募:約80億円



(3)申請者

①個人の所有者(戸建、集合住宅)

②管理組合等の代表者(集合住宅・全体)

③個人・法人の所有者(戸建、集合・全体)

④所有を予定している個人(戸建、集合・個人)



(4)事業の主な要件(個人の所有者の場合)

①住宅全体の一次エネルギー消費量の15%以上の削減が見込まれること。

②交付決定通知日以降に契約・工事着工すること。

③事業完了は2017年1月16日までには完了すること。



(5)補助対象となる製品と費用

①高性能建材・・・断熱材、ガラス、窓

②高性能設備・・・蓄電システム、高効率給湯機

③①、②の材料費と工事費



(6)補助率及び補助金の上限額

①対象製品 ・高性能建材 補助対象費用の1/3 補助金の上限額150万円/1戸 ・蓄電システム 定額5万円/kWh 補助対象費用の1/3又は50万円のいずれか低い金額 ・高効率給湯機 捕縄対象費用の1/3 補助金の上限額15万円



(7)スケジュール(個人の所有者の場合・・集合住宅、戸建) 一次公募:2016年3月31日~6月9日 二次公募:2016年6月中旬~8月下旬の予定



(8)断熱改修の注意事項

①断熱改修によって結露が発生する可能性がある。カビ発生の原因となる結露の防止の観点から 十分に注意すること。

②部分的な断熱工事は、ヒートショックが発生する可能性があるため、断熱改修箇所に注意する こと。



2.マルリノでリノベーションする3つのメリット!



メリット1

○これからの住まい方が変わる!部分修繕では解消できない、これまでの「我慢」を「安心」へ



メリット2

○資金の負担を軽減できる! 優遇税制の活用や提携ローンで、お得にリノベーション



メリット3

○アフターサポートも充実で安心。リノベーション後の住宅設備を24時間365日サポート



3.補助金をうまく活用しよう!

 マルリノでは、各種補助金や税制優遇について、マルリノでリンベ-ションを行う場合は、詳細にある要件のチェックから、申請に必要な書類の作成についても、しっかりお客様のサポートをさせていただきます。 また、資金計画やこれからの生活のライフプランについても、お客様のリノベーション成功へ向けサポートも充実しています。 マルリノセミナーでは、つねに最新情報をお届けし、お客様の夢の実現へむけたリノベーションの成功の秘訣などをお伝えしていますので、お気軽にセミナーへご参加くださいませ。



▼マルリノセミナーへの参加ならこちらから


お問い合わせ

リノベーションに関する
お悩み・ご相談・資料請求はこちらから

フリーダイヤルでのお問い合わせは
0120-999-130

(※受付時間 9:00~17:30 定休日:水・日・祝日)

マルリノの実際の施工事例をもっと見たい方は