リノベーションのヒント【補助金】長期優良住宅化リフォーム推進事業

住宅ストックの価値向上へ向けた施策



国土交通省では、国内の住宅ストックの価値向上へ向けて、さまざまな施策を投入し、ストック型の市場構造への転換、中古・リフォーム市場規模の倍増に向け、取り組まれています。そのような中で、平成28年度も昨年度に引き続き、「中古住宅の長期優良化リフォーム推進事業」が始まります。平成28年度では、昨年度から大きく2つの変更点があり、更に使いやすい補助内容になっています。



2016年5月16日(東京)「平成28年度 長期優良化住宅リフォーム推進事業」の説明会が開催されました。中古マンションのリノベーションをお考えの方にとっては、平成28年度はさまざまな補助金や税制優遇策が受けられるチャンスの年だと思われます。



長期優良住宅とは、「長期にわたり良好な状態で使用するための処置が講じられ、所感行政庁によって認定された計画に基づき建築及び維持保全が行われる住宅」とされています。リノベーションだからこそ、ご自宅の付加価値が向上いたします。マンションにお住まいの方でリフォームやリノベーションをご検討の方、中古マンションのご購入をご検討されている方へ、制度概要をお届けいたしますので、ご参考ください。



公募開始は、事業タイプによって異なりますが、「通年申請タイプ」の場合、5月下旬頃からの申請開始予定にになっています。



1.平成28年度 長期優良化リフォーム推進事業について(出典:国交省説明会資料)



(1)事業趣旨

 本事業は、インスペクション、性能の向上を図るリフォームやリノベーション、三世代同居等の複数世帯の同居への対応に資するリフォームやリノベーション、適切なメンテナンスによる既存住宅ストッックの長寿命化に資する取組に対し、国が事業の実施に要する費用の一部について支援することにより、既存住宅ストックの質の向上及び子育てしやすい環境整備並びに流通促進に向けた市場環境の形成を図ることを目的とします。

(2)事業内容と募集スケジュール(予定)

①評価基準型/認定長期優良住宅・事前採択タイプ 第1回公募:平成28年5月より 第2回公募:平成28年8月頃(予定)

②提案型・事前採択タイプ 平成28年6月頃より

③通年申請タイプ 平成28年5月下旬頃~10月末まで随時交付申請受付

※予算執行の状況等により申請期限を短縮、延長する場合有り ④完了実績報告 ①~③とも2017年1月末日まで

(3)補助額(1住戸あたり)

対象工事費合計額の1/3以内

(4)補助限度額

①評価基準型(1) 最大100万円 ※三世代同居の場合 最大150万円

②評価基準型(2) 最大200万円 ※三世代同居の場合 最大250万円

③認定長期優良住宅型 最大200万円 ※三世代同居の場合 最大250万円

(5)事業の主な要件(①と②は必須要件)

①劣化対策

②耐震性

③省エネ性 ④維持管理・更新の容易性 (原則、A基準以上が対象となります)



2.マルリノでリノベーションする3つのメリット!



メリット1

○これからの住まい方が変わる!部分修繕では解消できない、これまでの「我慢」を「安心」へ

メリット2

○資金の負担を軽減できる! 優遇税制の活用や提携ローンで、お得にリノベーション

メリット3

○アフターサポートも充実で安心。リノベーション後の住宅設備を24時間365日サポート


お問い合わせ

リノベーションに関する
お悩み・ご相談・資料請求はこちらから

フリーダイヤルでのお問い合わせは
0120-999-130

(※受付時間 9:00~17:30 定休日:水・日・祝日)

マルリノの実際の施工事例をもっと見たい方は